2012年03月27日

関西学院大学総合政策学部山中速人研究室3年進級制作番組「三田鈴鹿竹器〜物つくりに生きる〜」

120327_kgato2.JPG担当関西学院大学総合政策学部山中速人研究室3年 加藤拓
◆トーク1
私と三田鈴鹿竹器との出会い。三田鈴鹿竹器の江戸からの歴史とその背景。
120327_kato1.JPG
◆トーク2
現在唯一の三田鈴鹿竹器の職人植田一彦さんの悩みと歩み。
↓三田鈴鹿竹器の画像例
bamboo.jpg
◆3
竹芸の道を歩く植田さんの後ろ姿、それを見つめる人。私達に出来る事とはなにか。

〜概要〜
 自分が住む地域の伝統工芸品、三田鈴鹿竹器。江戸時代から続いている伝統工芸品にも関わらず、調べなければ名前も聞く事がなかったであろう代物でした。しかし、それこそが伝統を忘れ去ってしまう一つのきっかけなのです。三田鈴鹿竹器を続けている今唯一の職人植田一彦さんから、私は多くのことに気付かされながら丁寧に話を聞いてきました。70歳を越えても尚、多忙な日々を送っている植田さんが思う、三田鈴鹿竹器とはなにか。私の番組からは「気付く」という事の大切さを是非知ってもらいたいです。


posted by FMYY at 15:01| Comment(0) | podcast | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。