2012年03月06日

関西学院大学総合政策学部山中速人研究室3年新旧作品第10回老松酒造〜人と人との繋がりを大切にした経営〜

120228_ueda1JPG.JPG担当:関西学院大学総合政策学部3年 植田菜摘
老松酒造〜人と人との繋がりを大切にした経営〜
◆トーク1
「人と人とのつながりを大切にした経営」とは、どのようなものなのか、蔵元の思いを伝える方法など、工夫していることをお伺いしました。
120228_ueda2.JPG
◆トーク2
老松酒造こだわりの商品の紹介、また、その商品にこめられた思いをお伺いしました。

◆トーク3
武内さんにとっての「伊丹」という町、そして会社を経営するにあたって苦労したことや、喜びなどをお伺いしました。

※概要
老松酒造〜人と人との繋がりを大切にした経営〜
兵庫県伊丹市にある「伊丹老松酒造株式会社」を経営しておられる武内重治さんは、会社の経営だけでなく、地元のまちづくりにも積極的でいらっしゃいます。一人でも多くのお客さんに喜んでもらえるよう、商品一つ一つにこだわりをもち、「人と人との繋がりを大切にした経営」を行っています。「人と人との繋がりを大切にした経営」とは、一体どのようなものなのでしょうか。酒造り、まちづくりにかける思いをお伺いしてきました。


posted by FMYY at 13:54| Comment(0) | podcast | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。