2011年07月26日

関西学院大学総合制作学部山中速人研究室「災害とマイノリティ シリーズT」関東大震災と朝鮮人 姜徳相さんの講演録より(1)

DSC02913.jpg
2011年7月26日〜8月23日までは、「災害とマイノリティシリーズT」をお送りします。
1984年9月15日に神戸学生青年センターで開催された姜徳相さんによる講演〜関東大震災と朝鮮人〜を5回に分けて解説を加えながらお届けします。
1995年1月17日の神戸での震災、そして2011年3月11日に起こった東日本大震災、そのことを考える上で「災害とマイノリティ」との関係を見つめなおすため、今関東大震災をしっかりと検証する必要があります。今回はその第一回目です。司会進行は関西学院大学総合制作学部山中速人教授、ゲストは神戸学生青年センター館長飛田雄一さんです。

関東大震災とは
1923(大正12)年9月1日、関東地方を巻き込んだ巨大地震が起こりました。被災者は100万人を超え、10万人を超える方がお亡くなりになりました。その中で、流言飛語に基づき、朝鮮人や中国人、社会主義者あわせて6000名もの人々が、日本の軍や自警団に命を奪われる痛ましい事件が起こりました。歴史学者、姜徳相さんは、関東大震災の体系的な研究をされていた方です。

110726_0823_hida1.JPG

1980年代、日本人論が盛んになりました。イザヤ・ペンダが「朝鮮人虐殺は組織的なものではなく、日本人の一般大衆の異文化ショックだった」と発表し、問題を矮小化する動きがありました。それに対して、釘をさすという形で、この講演は行われています。現在はさらに状況が進み、多くの日本人、特に若い人たちに、歴史的な検討をせずに、「日本は素晴らしい」「日本は正しい」という考え方が蔓延しています。
朝鮮人に対する虐殺や弾圧がどのように行われたのか、また、それに対して歴史的、実証的な検討が行われ、虐殺の事実を認めるに至ったのかということを聴いていただきたいです。

110723_hida_yamanaka.JPG

姜徳相さんは、大学で教鞭をとられておられました。在日朝鮮人の立場から関東大震災研究をされた第一人者です。1960年代に、関東大震災当時の電報や軍の資料を集め、研究をされていました。「関東大震災」(1975・中公新書)は、姜徳相さんの著書でもあります。民衆がデマにのせられ、虐殺に加担したという面もありますが、官憲が無関係ではなかったということを実証されています。


posted by FMYY at 16:17| Comment(0) | podcast | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。