2011年03月05日

関西学院大学総合制作学部山中速人研究室3年生制作番組「震災後それぞれの軌跡」第11回

◆トーク1
〜プロローグ〜
インタビュー対象者、日系3世ペルー人の大城ロクサナさんが来日された理由から阪神淡路大震災が起きるまでの話と震災後ロクサナさんが、FMわぃわぃも参加している「たかとりコミュニティセンター」の中の団体「ワールドキッズコミュニティ」などで働くようになったいきさつ。そして震災後ロクサナさんとロクサナさんの家族が体験した出来事の中で気になった出来事をまとめました。
◆トーク2
〜震災後の体験〜生活編〜
エピソード1広島で日系ペルー人による小学生女児殺害事件が起きた時、地域小学校に通っていたロクサナさんのお子さんが感じた事や起こした行動について。
エピソード2ロクサナさんのお子さんのスペイン語勉強についての思い。
◆トーク3
ロクサナさんの中で震災前と震災後で変わったもの、震災経験によって人と人との交流の大切さに気がついたことなど。
〜まとめ〜このインタビューを通して自分が感じた事。
〜エピローグ〜金さんと、番組やインタビューについての感想。


posted by FMYY at 17:36| Comment(0) | podcast | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。