2012年01月22日

関西学院大学総合政策学部山中速人研究室3年進級制作番組 第4回

120117_sukeno1.JPG担当:関西学院大学総合政策学部3年 助野駿
◆トーク1,
私は数ある伝統のうち畜産業に目をつけ、兵庫県の豊岡市で長年畜産業を営んでいる朝倉稔さんにインタビューをして、但馬の牛の現状とこれ からの課題について聞き出そうとしました。まず、はじめに朝倉さんの自己紹介からです。
◆トーク2,
数ある畜産業の中からどうして牛肉を選んだのかを聞き出し、朝倉さんが思う、牛肉が持つ他の畜産よりも優れた特徴、但馬牛が持つ他の牛よ り優れた特徴、そして現在の但馬牛の質を教えてもらいました。
◆トーク3,
牛肉業界を取り巻く環境は常に変化してきました。特に大きな変化はBSE、口蹄液などの病気や福島の原発のような2次災害があげられます。様 々なトラブルに巻き込まれたときの心境を語ってもらいました。
◆トーク4,
さまざまな障害を乗り越えてきた朝倉さんにとって理想的な牛肉畜産業とはいったいどんなものなのだろう。そして、次世代の畜産業に携わる 若者に希望する事とは一体何なのでしょうか。


posted by FMYY at 20:58| Comment(0) | podcast | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする