2011年06月14日

関西学院大学総合政策学部山中速人研究室「それぞれの震災ボランティア〜私達にもできること」第4回

110614_ueda1.JPG
それぞれのボランティア活動〜私達にもできること〜第4回
担当:植田菜摘 太刀掛篤志 佐々木貴大 伊勢田瑛 篠田春香
◆1. 東北大震災における行政としての取り組み
2009年8月洪水による水害により被害を受けた兵庫県佐用町の役場が今回の東北大震災において支援活動を行いました。その際の状況や活動内容をインタビューし皆さんにお伝えしています。◆2. 佐用町水害の被災者から見たボランティアのあり方
同じ水害の被災者としてボランティアに取り組む佐用町民の千種さんにお話を伺ってきました。これからボランティアに向かわれる方へのメッセージとなっています。
◆3. 佐用町民からのメッセージ
兵庫県佐用町民の方から被災者の方へのメッセージをいただきました。
<今回の取材を通して私達が感じた事>
・ニュースなどでは知らされない行政の取り組みを知れて良かったです
・被災地ではなく自分たちが身近に出来る支援について考えられました
・千種さんの話からボランティアはする側と受ける側のマッチングが大切なのだと思いました
・被災されてから佐用町全体の防災意識がすごく高いと感じました


posted by FMYY at 14:22| Comment(0) | podcast | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする